慢性的な疲労

慢性的な疲労

寝ても寝ても疲れが取れない・・・、最近なぜか物忘れが多い、肩こり、頭痛が続く。
次のようなことが、みられる場合、慢性的な疲労に陥っている可能性があります。

 

 

慢性的な疲労は体の反応を鈍らせ、体を動かすのに通常よりも多くの労力を必要とさせるほか、眠気を催すそうです。
無感動や神経過敏、短気を引き起こすほか、風邪、内分泌系の肉体疾患や、うつなどの精神的な疾患に影響を及ぼすものがあります。

 

慢性的な疲労の特徴として次のような例があります。
  ・寝ても疲れが取れない
  ・疲労が長期休暇を経た後でも続く
  ・特に理由もなく不調になったりする
  ・低血圧が続くといった
症状があげられます

 

 

慢性的な疲労を取りのぞく有効策としては、
 ・生活リズムを整える
 ・アルコール、コーヒー、チョコレートといった刺激物を避ける
 ・家族に手伝ってもらう
 などです。

 

慢性的な疲労に陥っている状態というと、慢性疲労症候群を思い浮かべるかもしれませんが、慢性疲労症候群は、原因がわからず、治療できない場合であり、今回は、疲労を長い間蓄積した結果、陥ってしまった状態、慢性的な疲労の対処法です。

 

慢性的な疲労を二段階に分けるとして、まず初めの段階は、寝ても疲れがとれない、肩こりなど体中がこる、頭痛がするが、無理をして頑張れば、なんとか普通の生活遅れるレベルの段階です。
もうひとつの段階は、疲れ過ぎて眠れず、体中が痛み、生活が非常に困難なレベルの段階。

 

初めの段階では、まず、一日の活動量を抑え、休養をとりつつ生活することが、大切です。慢性的な疲労は、一日二日休養をとれば良くなるものではなく、回復には何週間、何カ月は最低必要で、長期的に、長い目で見た、計画が必要になってきます。
まずは、睡眠をしっかりとること、栄養バランスのとれた食生活をこころがける、疲れてるときに無理をせず休む、このことを守ってください。

 

 

初めの段階でどうにもできず、次の段階に移ってしまった場合は、もう休み続けるしかありません。また、病院へ行けるうちにいっておき、診察を受けることも重要です。

 

慢性的な疲労がだんだんと回復しはじめ、元の状態に戻りつつあった時、この時も気を緩めず、無理をせず。体に負担のかからないように生活し続けることが大切です。
徐々に体を慣らすのはとても時間のかかることですが、あせらずゆっくりと体力をつけていきましょう。

 

完全に回復した場合には、回復する段階で身についた、過ごし方、食生活を忘れずに、そのまま続けていき、再び、慢性的な疲労に陥らないようにすれば、もう大丈夫です。

 

 

滋養強壮 サプリランキング


女性が選ぶ滋養強壮サプリメント ランキング
1位 イソラコン
2位 生酵素のOM−X
3位 高麗美人

 


 


選んで良かった!滋養強壮サプリ 口コミランキング


すっぽん小町 三黒の美酢 高麗美人

販売数1,000万袋を突破! すっぽんサプリ通販売上No.1
>> すっぽん小町 の公式サイトはこちら

黒酢もろみ・黒にんにく・黒卵黄油 3つの黒から生まれた大人気サプリメント
>> 三黒の美酢の公式サイトはこちら

モンドセレクション4年連続金賞を受賞!韓国で希少価値が高いプンギ産を使用
>> 高麗美人の公式サイトはこちら